治癒力を高める

体内で利用される割合

医師

従来はサプリメントなどのグルコサミンは、塩酸塩や硫酸塩で分解されていました。しかし昨今では、酵素で時間をかけて分解されたn-アセチルグルコサミンのサプリメントが、注目を集めています。 塩酸塩や硫酸塩で分解されたグルコサミンは、体内に吸収されてからn-アセチルグルコサミンに変化し、その上で関節や肌などに効果をもたらします。しかし摂取したグルコサミンの全てが、n-アセチルグルコサミンとなるわけではありません。ところが最初からn-アセチルグルコサミンとなっているサプリメントなら、利用される割合が多く、その分高い効果が期待できるのです。 そのためn-アセチルグルコサミンのサプリメントは、塩酸塩や硫酸塩で分解されたグルコサミンのサプリメントと比べると、摂取量が少なくて済みます。1回で1〜2粒のみを飲み込むだけで済むので、飲み込む力の弱くなった高齢者からの需要が高まると予想されています。

副作用や自然治癒力の低下

n-アセチルグルコサミンは、塩酸塩や硫酸塩などの化学物質ではなく、天然由来の酵素で分解されて作られています。そのためそのサプリメントは安全性が高く、健康な人は副作用を気にせずに飲むことができます。 ただし糖尿病の人の場合、過剰摂取することで稀に血糖値が上昇したり、妊娠中の女性の場合、不快感が生じたりすることがあります。そのため過剰摂取をしないように気をつけたり、こういった症状が出た場合には、医師に相談したりすることが大事です。 また若い人の場合は、長期間摂取し続けることで体がその状態に慣れてしまい、自然治癒力が低下する可能性があります。そのため摂取によって関節や肌などに良い効果がもたらされた後は、摂取を控える必要があります。